交通事故の加害者が負う責任と必要な行動

交通事故の加害者になると、法律上の責任を負うことになります。まっさきに考えるのは、被害者への慰謝料かもしれませんが、それだけではありません。刑事上の責任により罪に問われることもあります。
今回は、交通事故の加害者が負う責任と、その後に必要な行動についての解説です。

交通事故加害者の責任とは?

自動車を運転している人が交通事故を起こすと、法律上3つの責任を負う必要がでてきます。

・民事上の責任
・刑事上の責任
・行政上の責任

別個に課せられる3つの責任、詳しく確認をしていきましょう。

民事上の責任

民事上の責任とは、加害者が被害者に与えた損害の賠償責任のことを指します。
・人身事故の場合:民法や自動車損害賠償保障法に基づく
・物損事故の場合:民法上に基づく
事故の状況により適用が異なります。
賠償の中身は、治療費や入通院費、被害者への慰謝料などです。加害者が任意保険に加入をしていれば、その保険会社が対応してくれます。もし任意保険に加入をしていなければ、次交通事故の度合いにもよりますが、プロである弁護士に示談の対応を依頼するしかありません。

刑事上の責任

刑事上の責任とは、被害者を死傷させた、もしくは加害者が犯罪を犯していた場合に「懲役」「禁固」「罰金」に処されることを指します。
人身事故の場合は、自動車運転過失致死傷罪に問われ、さらに飲酒運転や悪質な危険運転が伴えば、危険運転致死傷罪に問われるかもしれません。逃走なども加われば殺人罪、無免許運転など罪が併合されていけば、さらに重くなる可能性もあります。

行政上の責任

行政上の責任とは、公安委員会より運転免許証の取り消しや停止および反則金等の行政処分を受けることです。
今回の事故に限らず、過去3年間の違反や事故により加算された点数も関係してきます。

交通事故の加害者は示談を成立させること

加害者が負う3つの責任のうち起訴による刑事上の責任だけは、できるだけ避けたいところです。そのためには示談を成立させておく必要があります。ここからは、示談を成立させるためのポイントを確認していきましょう。

任意保険の加入の確認

任意保険の加入をしていれば、保険会社が示談の成立に向け対応をしてくれます。ただし、保険会社の対応が必ずしもよいとは限りません。中には、示談金を抑えようと被害者ともめるケースもあります。保険会社任せにせず、示談の進捗は把握をしておくようにしましょう。
もし任意保険に加入をしていなければ、自賠責保険を超える賠償は自己負担、さらに示談は自分が対応しなければなりません。費用はかかりますが、早期に弁護士へ相談をしましょう。

被害者への誠意ある対応を心がける

加害者側が一度も謝罪に来ない、保険会社に任せきりなのが不愉快と怒りをあらわにする被害者もいます。もしくは会いに行ったが加害者の態度が気に入らない、厳罰に処して欲しいと考える被害者もいるようです。
示談成立のカギは被害者が握っています。へりくだった態度とまでは言いませんが、常識ある対応をしましょう。人の心によって和む被害者もいます。

示談がこじれた時は弁護士へ相談する

加害者と保険会社、どちらにこじれた原因があるにしても、問題がさらに大きくなる前に弁護士に相談をしましょう。保険会社が示談を進めていても、一向に解決しそうになければ、弁護士に依頼をしても問題ありません。
一歩間違えれば、今後の人生を大きく左右するかもしれない刑事罰、できることはすべて行うべきです。示談が得意の弁護士を探し、早めに依頼することをおすすめします。