借りた自動車で交通事故を起こしたときの責任と保険

友人から借りた自動車で事故を起こしてしまった。自分の所有でも動揺する事態です。貸してくれた友人に迷惑をかけたくない、保険はどうすればいいのかなど、いろいろなことが頭の中をよぎります。しかしいったん落ち着いて、保険内容の確認を行いましょう。
今回は借りた自動車で発生した交通事故の責任と、保険について解説をしていきます。

借りた自動車の交通事故責任

借りた自動車の所有者及び運転をしていた人、両方に責任が生じます。借りた立場から迷惑をかけたくないと思われるかもしれませんが、これは仕方ありません。

運転者の責任

交通事故を起こした当事者です。責任を負うのは当然、被害者への賠償金を支払う民事上の責任が生じます。そのほか交通事故の内容によっては、刑事上の責任、行政上の責任を負うかもしれません。

自動車の所有者の責任

自動車における交通事故では、自動車損害賠償保障法により、自動車の所有者は運行供用者として損害賠償責任を負うとされています。そのため被害者へ治療費や入通院費、休業損害など、慰謝料の支払いを行わなければいけません。

また、無断で使用された場合でも管理責任が問われれば、責任を負うことがあります。被害者の立場を考えると、最低限の賠償金は支払われるべきです。運転者が保険に加入しておらず、損害賠償が受け取れないといった事態が起きないようにするためには、仕方ない配慮かもしれません。

しかし自賠責保険は最低限の保険金です。任意保険が利用できなければ賠償金額が足りないことがほとんど、運行供用者の責任として、任意保険の利用も必要になります。

ただし、運転者に対し自動車の所有者は被害者に支払った損害賠償金を請求する権利を有しています。所有者の保険を利用しますが、最終的に交通事故を起こした運転手へ金額を請求してくるかもしれません。

保険契約の確認

借りた自動車の交通事故を起こしたときは、どの保険契約が利用できるか確認を行う必要があります。

自動車賠償責任保険

先ほども説明した最低限の保証をする強制加入の自賠責保険は利用できます。ただし、十分な補償ではないことから、別の保険に加入していないか確認をしなければいけません。また、車両保険は付いていないので、所有者から請求された修理代などは運転手が支払う必要があります。

自動車にかけられた任意保険の確認

自動車の所有者がかけた任意保険の利用ができるか確認をしましょう。保険料を安くする特約により、利用できないこともあります。
保険の適用は「本人のみ」「本人と配偶者のみ」「家族のみ」「〇歳以上」など限定されている場合は、自動車にかけられた任意保険の利用ができません。

自分が加入している任意保険の確認

運転手が自己の自動車を所有しており、その任意保険が利用できないか確認をしましょう。もし「他社運転特約」を付加していれば、自分の任意保険で補償の対応ができます。これならば自動車を貸してくれた人に、保険等級で迷惑をかけることはありません。

自賠責保険しか適用できない場合は弁護士に相談する

ほとんどの人が任意保険に加入をしています。しかし、保険料を安くするため、ほとんどの人が特約を利用していることから、自賠責保険しか利用できない状況が起こるかもしれません。
その場合は、過失割合や示談交渉も含め、法律のプロである弁護士に依頼をしましょう。自動車を貸してくれた人に、できるだけ迷惑をかけたくないと誰もが考えます。一人ではどうしようもできません。早急に弁護士を頼ることが得策です。